ひーちゃん先生の今日のつぶやき in 治療院

梅雨の季節になりましたが、皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は、6月後半に研修を終えて帰ってきました。
今回は、私達がニュートラルで生きることの大切さを再度、
実感できたことが大きな収穫でした。
~ 私達が提供したいのは、身体のニュートラル(中庸であること)~
現代人が忘れつつあるニュートラル。
それは特別なものではなく、私達の生命において本質的な場所で、休息と
リフレッシュの場所です。
 私達が、そのニュートラルに背いて休息することをしなかったら、一体どうなって
しまうでしょうか?イライラ、心配、恐怖、病気・・・・。
ニュートラルでいることは、私達を健全と癒しへと導いてくれます。
身体がニュートラルで安定している時、身体に存在するさまざまな機能不全は
自己修正されていきます。
でも、ニュートラルの状態に保つことは、本当に難しいのです。
ノーマルになろうと努力することで、ノーマルから遠ざかります。
ニュートラルになろうと、1人で頑張り過ぎるとこれもまた、ニュートラルから遠ざかってしまいます。
では、どうしたら良いのでしょうか?
どうやってニュートラルに入っていくかは、人によって違います。
その方の完全に安全な場所を見つけて、見守ってあげることが大切なのです。
治療家にはそんなスキルが求められるのです。
皆様が、より治癒力の発揮できる安全のスペースの提供の確立を目指して
今後も学びを続けていこうと思っています。どうぞよろしくお願い致します。
あなたのニュートラル、探しに来られませんか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。