ひーちゃん先生の今日のつぶやき in 治療院

オステオパシー バイオダイナミクス との出逢い
私はここのところ、オステオパシー治療を学んでいます。
そして、日々の臨床の中にも生かしています。
 「それは、どんな治療なのですか?」とよく聞かれます。
以前、治療というと「身体の悪い所を何とかしよう」という在り方が基本的でした。
しかし、オステオパシーは、身体をひとつのエネルギー体として捉え、全体性を大切にし、
身体の良い所、健全の部分に焦点をあて、全体の治癒力を伸ばしていくのがねらいなのです。
例えば、これを性格に置き換えてみましょう。
人の悪い所、欠点を何とかしようとするより、その人の良い所を引き伸ばして輝かせてあげれば、
悪い所はおのずと小さくなり、消滅していくものです。
この考え方を身体の施術で実践しようというのです。
悪い所だけを何とかしようという侵襲的な発想では、治療はいずれ行き詰まります。
では、どうするべきかー。
身体の美しい所を見るー。そして良い所を引き伸ばす。
この発想の転換が、治療家には求められていると思う。
いや、これはこれからの厳しい時代を健全に生き抜いていくために、私達ひとりひとりが
持っておきたい考え方ではないかと思うのです。

 

あなたは、ご自分の良い所を引き伸ばして、健康になりたいと思いませんか?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。